新潟県妙高市にある笹ヶ峰高原の「乙見湖休憩舎」周辺の見どころや遊歩道、花 々などを紹介するページです。 ようこそ!笹ヶ峰高原「乙見湖休憩舎」へ!
ようこそ!

カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
カテゴリー
過去の記事
お問い合わせ
    【郵便番号】949-2113 【住所】新潟県妙高市杉野沢3375-10
    【電話】0255-86-6716
    【開館】5月~10月の8:30~17:00
    【冬季】冬季は、杉野沢観光協会(0255-86-6000)まで

パンフレット(PDF)
その他





    処理時間 1.779744秒

<<前の5件 | 1 | 2 | 次の5件>>

雨の日に遭遇率が高いです
 今朝、休憩舎近くの車道沿いでノウサギの写真が撮れました!!

 車で走っていると、一瞬草むらの中で動く耳が見えたので、急いで車から降りて近付いてみました。

 うさぎはとても警戒心が強く、何度か見かけたことはあるもののすぐに逃げられてしまい写真に撮ることが出来なかったのですが、今回は夢中で草を食べていたので、かなり近くまで行くことが出来ました!
 限界まで近づこうと息を止めて足音もしないようにそーっと歩き、5メートルくらいまで近寄って写真を撮ることが出来ました!そして、近くに寄り過ぎると、目と耳がこちらに向いたとたんあっという間に逃げて行ってしまいました!

 ウサギは本来夜行性なので、日中に見られたというのはとても珍しいと思います^^

 今日はあいにくの雨でしたが、ノウサギと遭遇した日は必ず雨が降っていたと思います!

| 管理者 | 15:05 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の生き物 |
新着コメント
「蓑の池」にて
 夢見平遊歩道「蓑の池」。ここは春にクロサンショウウオが卵を産む池として紹介していますが、現在はクロサンショウウオの赤ちゃん(幼生)を沢山見ることが出来ます!!



 今シーズンは雪解けの頃からたくさんの卵嚢が見られていましたが、それが4~5週間で孵化をし、幼生となります!
 今の状態は孵化してから2週間ほど経った状態でしょうか。


 人影を見ても隠れることはないので、じっくりと観察が出来ますよ!
 ウーパールーパーに似たとても愛くるしい顔をしています^^

 まだエラがある状態ですが、写真の様に足が生えるとエラが小さくなって行き、陸上生活へと移っていくそうです!陸上へ上がるのもあと少しのようですね!

 普段なかなか見る事の出来ないクロサンショウウオの赤ちゃんですので、ぜひご覧くださいね!

| 管理者 | 16:40 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の生き物 |
新着コメント
モリアオガエルの卵塊がたくさん見られます
 夢見平遊歩道の「蓑の池」、「乙見湖」や「仙人池」の水辺では、モリアオガエルの産卵がピークを迎えています!!

 池や水たまり周辺のせり出した木の枝などに、ソフトボールくらいの大きさで泡状の卵塊が無数にぶら下がっているのを確認することができます。
 これがモリアオガエルの卵です。
 毎年、梅雨に入る頃に見られる笹ヶ峰高原の風物詩。

 卵塊に近付いてみると、産卵真最中のモリアオガエルも見られました!!
 真ん中の体の大きいのがメスで、産卵が始まると他のオスたちも自分の子孫を残そうと1匹のメスに群がり、写真のような状態になっています!!
 警戒心の強いモリアオガエルは、人の気配を感じるとすぐに逃げてしまうので、なかなかこういう場面には遭遇できません!!

 この卵塊の中には約300~800もの卵が入っていて、泡の中で孵化します。孵化したオタマジャクシは、雨で溶け落ちる泡と一緒に水の中へ落ちるしくみです。梅雨時期に産卵するのは、雨を利用する為の知恵なのでしょうね!

 笹ヶ峰高原で繰り広げられるモリアオガエルの命の営みです。ぜひ体感してください!!

| 管理者 | 15:58 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の生き物 |
新着コメント
ブログ初登場
ニホンアナグマ

 今朝、休憩舎へ来る途中で出会いました!!

 雪山賛歌の碑近くの草むらで、ひたすら地面を掘って餌を探しており、私の存在には気付かなかったので、かなり近くで写真が撮れました!!

 毎年よく見かけてはいたのですが、すぐに逃げられてしまい、なかなか写真に撮ることができませんでした。今回初めてばっちり撮れましたので、休憩舎ブログに初登場です^^


 ニホンアナグマは本州・四国・九州の山地に生息し、雌は子供と家族で生活するそうです!!この子は1匹しかなかったので雄?

 カエルやトカゲ、ミミズや昆虫、モグラやウサギ、鳥などのほか、果実や木の根、木の実や穀類など何でも食べる雑食性とありました。笹ヶ峰高原はニホンアナグマにとって餌の豊富な楽園なのでしょうね!

 ニホンアナグマは、生息地域の減少と、繁殖率の低さから、自治体によっては絶滅危惧種Ⅱ類や準絶滅危惧種などにも指定されています。

 面白いのは、驚いたり外的に襲われそうになったりすると、タヌキと同じく「死んだふり」をするということです^^笹ヶ峰エリアの車道沿いでは、結構頻繁に見る事ができるので、見かけた時は驚かさず、そっと見守ってあげてくださいね!

| 管理者 | 15:19 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の生き物 |
新着コメント
夢見平遊歩道「蓑の池」にて
 今日は夢見平遊歩道「蓑の池」に行き、クロサンショウウオの卵を見に行ってみました。

 今シーズンはいつもの年よりも数多くの卵を確認することができます!
 白いアケビの果実のような形をした卵嚢は水中にある木の小枝などに付着させてあります。
 今シーズンは産卵の時期が早かったのか、孵化が始まりそうなものも確認できました!!
 
 ちょうど産卵中のクロサンショウウオを発見!


 2匹が絡み合いながら産卵している様子をじっくりと観察できましたよ!!
 生みたての卵嚢はご覧のようにとても小さく、時間が経つにつれて、ふやけて大きくなっていきます。

 クロサンショウウオは警戒心がとても強いので、人の気配を感じるとすぐに隠れてしまいます。姿を見るにはそっと近付くのがポイントです!

| 管理者 | 15:56 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の生き物 |
新着コメント
<<前の5件 | 1 | 2 | 次の5件>>

新着記事
コメント
最新トラックバック
リンク
サイト内検索