新潟県妙高市にある笹ヶ峰高原の「乙見湖休憩舎」周辺の見どころや遊歩道、花 々などを紹介するページです。 ようこそ!笹ヶ峰高原「乙見湖休憩舎」へ!
ようこそ!

カレンダー
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2017 - 08  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
カテゴリー
過去の記事
お問い合わせ
    【郵便番号】949-2113 【住所】新潟県妙高市杉野沢3375-10
    【電話】0255-86-6716
    【開館】5月~10月の8:30~17:00
    【冬季】冬季は、杉野沢観光協会(0255-86-6000)まで

パンフレット(PDF)
その他





    処理時間 1.677197秒

<<前の5件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 273 | 次の5件>>

深山の藪に生える花
 清水ヶ池近くの森の中や休憩舎横の湿地帯などの湿った場所で見られます!

ミヤマヤブタバコ 別名ガンクビヤブタバコ

 山地の林内に生えるキク科の多年草で、群生しているのも見ることが出来ます!

 下向きに付ける黄色の頭花は直径6~10ミリほどで枝先に付けます!

 頭花の下には線状の小葉があるのが特徴という事です。


 和名は深山藪煙草で、深い山の藪に生え、葉がたばこに似る事から。別名は花を煙管(きせる)の雁首に見立ててこの名前があります!

 花はそんなに目立ちませんが、数はかなりありますので、見つけることは簡単だと思います!

| 管理者 | 15:50 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の植物 |
新着コメント
咲き方が可愛らしい花です
 牧場周辺の草地で見られる可愛い花です。

ナンバンハコベ



 山野に生える多年草で、草地や林際など日当たりの良い場所の地面を這うようにしながら花を咲かせる植物です。

 つる状の茎を地面すれすれに伸ばし、枝分かれした茎の先に一つずつ花を下向きに付けています。花弁は離れて付き、先が二つに裂けていて、それが上に反り返っています。
 とても可愛らしい花です!

 終わりかけの花も見られましたが、こちらには中心に蒴果がめだつようになります。
 こちらの姿もまた可愛らしいですね!

 ナンバンハコベは、白い花弁が小さく、緑色の萼片の部分が大きい為に色が他の葉と同化してあまり目立たないのですが、一つ見つかるとその周辺にはまとまって咲いていますのでぜひ探してみてください!

| 管理者 | 16:26 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の植物 |
新着コメント
花は全く目立ちません
 小川の淵で、ひっそりと咲いています!

クロクモソウ

 山地の谷沿いなど湿った場所に生える多年草です。
 写真の花は小川のすぐ際で咲いていて、水しぶきがかかるような場所にありました!
 以前妙高山を登山した時に遊歩道沿いで、沢山見た記憶があります!

 花の高さは30センチほど。花茎の先に赤褐色の小さな花を円錐状にたくさん付けます。
 花がとても小さく色も暗いので全く目立たず、見逃しやすい花ですが、見つけた時はぜひ近付いてご覧ください!
 5枚の花弁と淡い黄色の雄しべがとても美しい花ですよ!

 笹ヶ峰ではそんなに頻繁には見られない花ですが、川沿いなど涼をとりがてら探してみてください!

| 管理者 | 16:12 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の植物 |
新着コメント
崖のような場所で群生しています
 毎年お盆の頃に涼しげな青紫色の花を咲かせます。

ソバナ

 切り立った崖(岨=そば)に生えるという意味の花で、笹ヶ峰ではあまり草の生えていないような土手の途中などで咲いています。

 写真の花も車道沿いの険しい土手で見つけました!


 背丈1メートルほどの茎の先端部に、ベルのような可愛らしい形をした花を下向きに数個付けています。淡青紫色の花冠は先端が広がった鐘形で、先がやや反り返るのが特徴的。綿棒のような花柱が外に飛び出しており、花を振ると音が鳴るんじゃないかと思うような形です^^


 場所によってはまだ蕾の状態で、開花していない花もたくさんあります。これからしばらくの間はこの可愛らしい花を見ることが出来ますよ~!


| 管理者 | 16:13 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の植物 |
新着コメント
トゲトゲの種が有名
 草地や道路横ではキンミズヒキの花が咲き始めてきました。

 低山から亜高山帯の草地に生える多年草で、笹ヶ峰ではいろんな場所で、群生します。

 直径6ミリ程度の黄色くて可愛い花を根側から順に咲き上がらせていきます!

 花が上部の方へ移行したころ、花を終えた根側の部分から実になって行きますが、、


 キンミズヒキは花よりもこちらの実の方がよく知られているかもしれません。
秋になって山歩きをすると、いつの間にか服にくっつくあのトゲトゲの種です^^靴下なんかにもくっついて、取るのが大変なんですよね~!

 「雪山賛歌の碑」の周辺ではこれからこのキンミズヒキが大群落を作ります。花の頃はいいのですが、種の時期にその場所を歩くと大変なことになりますよ^^

| 管理者 | 16:25 | comments (0) | trackback (0) | スタッフブログ::笹ヶ峰の植物 |
新着コメント
<<前の5件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 273 | 次の5件>>

新着記事
コメント
最新トラックバック
リンク
サイト内検索