妙高高原ビジターセンターのスタッフによる、移りゆく妙高の自然についてつづるブログです。
ようこそ! ようこそ!「妙高高原ビジターセンター」スタッフブログへ!

ようこそ!


秋の空
秋を感じさせるうろこ雲。


うろこ雲が見られた次の日は雨なのだとか。
今日は汗ばむ程の良い天気でしたが、明日からまた
しばらく秋の雨が続きそうです。

山の上部が赤く見えるようになってきました。
写真では分かりづらいでしょうか。


標高1800m辺りで紅葉が始まっているようです。
スコープで見ると所々鮮やかな赤や黄色に色づいて見えます。
登山帰りのお客様に聞いても、高谷池湿原辺りでは
紅葉しはじめの頃のようです。

いもり池周辺の紅葉はまだこれからですが


少しずつ黄色や橙色がまざって、夏の濃い緑ではなくなり、
初秋の風景です。

いもり池周辺の紅葉情報はこちらのブログやHPで随時
お伝えいたします!


燻製を作ってみました!
今日は【燻製を作ってみよう!】を開催しました。
今日の食材はこちら。


まずは食材をスモーカーの中に入れて


食べるのはあとのお楽しみ!美味しくなるかな~


燻製が出来上がる間に、スモーカー作り。


段ボールでの工作も、楽しんでいただけたようです。


工作をしている間に燻製の出来上がりー♪





みなさんでおいしくいただきました!
ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!
手作りのスモーカーで、ご自宅では何をスモークするのでしょうか?

イベント終了後、残った食材をスモークしている所に
休憩をされているお客様がいらっしゃったので、
少しばかり燻製をおすそ分けしたら、
素敵な絵を描いて下さいました


ほんの数分で今日の記念にと描かれたのですが、
お上手な絵で感激しました!!

次回の【燻製を作ってみよう!】は
10/9(日)・10(月・祝) の開催です!
気になる方は参加されてみませんか!

ご予約、お問合せは
 0255‐86‐4599 
妙高高原ビジターセンターへお気軽にどうぞ♪


燻製を作ってみよう!
昨年好評だったイベント【燻製を作ってみよう!】を
今週末24、25日の土日に開催します!!
今日はその試作品づくり。
当日は食材を燻している間、お持ち帰りが出来る
スモーカーを段ボールで作ります。


いろいろな形の段ボールで作ってみました。

この簡易スモーカー、簡単に燻製ができる割に
身近な食品が一味違ったおいしさに大変身するんです!


安いたくあんが→ 美味しいいぶりがっこに♪


昨年はたまごやチーズが好評でした!
今年は何を燻製にしようか、思案中です♪

24日土曜日は受付を終了しましたが、
25日日曜日は明日の午後5時まで受付けております!

今回ご都合が合わない方は10月9、10日も開催しますよ。
いずれの日も時間は10:00~12:00 参加料は500円です。
燻製を一緒に食べませんか♪ ご予約はお電話で

妙高高原ビジターセンター
 0255-86-4599  
 ご参加お待ちしております花



秋・・・いもり池で見られるお花
雨降りが続き、肌寒く感じられる今日この頃です。

あき・・なのですね。

妙高高原ビジターセンターのお隣のいもり池周辺では、
一時咲いているお花が少なく寂しかったのですが、
咲いているお花も増えて、いもり池周辺を楽しんで
いただけるようになりました。

ご紹介しますね。


アキノウナギツカミ


ミゾソバ


タチアザミ


ノハラアザミ


ヤブマメ


イヌダテ


ゲンノショウコ


コウゾリナ


ゴマナ

まだまだ紹介できないお花や木の実などが見られます。
どこにどんなお花が咲いているかな?

お花を楽しみながら、妙高高原の澄んだ空気と景色を感じに
遊びにいらしてみませんか?



オオルリハムシ。
きれいですね。館長がいもり池で見つけました。
めずらしいので確保して写真に収めた後、ヒメシロネに
逃がしてあげました。

妙高高原には自然がいっぱい!

初めて出会う喜びも沢山あると思いますよ。

妙高高原ビジターセンターでは、自然に触れ合って楽しんでいただける
イベントを企画しています。

どしどしご参加ください。イベント企画 クリックしてください→くるみんだより



スイレン刈りのその後
7月4日・5日にいもり池のスイレン刈りを行いましたが、その後はどうなっているでしょう?
30年ほど前には、いもり池にはスイレンはほとんどなく、
在来種のヒツジグサやオヒルムシロ、名物の逆さ妙高、貸しボートも楽しむことができました。


ヒツジグサ(名前の由来は未の刻の午後2時頃に花が開くことから スイレンより小ぶり)


逆さ妙高(いもり池の水面に映る妙高山)

現在は外来種のスイレンが繁茂することにより、在来種が絶滅に追い込まれ、
逆さ妙高もみることができない状況です。


夏休み期間中に来ていただいた観光客の方に、逆さ妙高を見てもらおうと駆除しましたが…

駆除後


2週間後


2か月後

駆除後1か月ほどでスイレンが茂り、きれいな逆さ妙高は見えなくなってしまいました。

駆除はボートに乗って葉・花・茎を手で刈りとる班と、
鋤簾(じょれん 大きな熊手のようなもの)で根こそぎとる班の2通りの方法で行われました。
鋤簾で根こそぎ駆除した部分の方が、まだ水面が見えています。

いもり池ではもうすぐ紅葉のシーズンを迎えます。
例年ですと10月下旬から11月上旬が見頃です。
そこで紅葉シーズンにあわせて、10月上旬に再びスイレン刈りを行います。
今度は鋤簾を使って駆除するため人手が必要です。
一般の方の参加も可能ですので、お手伝いいただける方は、
妙高高原ビジターセンター(電話0255-86-4599)までお問い合わせください。

その他にも、秋のイベントが盛りだくさんです。
9月24日(土)・25日(日)には人気イベント「燻製を作ってみよう!」があります。
まだ定員に余裕がありますので、ぜひご参加ください!
イベントの詳細はこちらから!

赤は赤でも何かな?
妙高高原ビジターセンターのビオトーブで2種類のトンボを見つけました。

同じ赤色をしたトンボでも、違う種類だとわかりますが・・・

トンボの名前がわかりませんでした。



羽の先に黒の斑点のある少し黄がかったトンボ



真っ赤なとうがらしのような体に羽の先に赤の斑点があるトンボ

図鑑を見ても微妙に違うようです。このトンボの名前わかりますか?
お分かりになる方、お電話で教えていただけると嬉しいです。

久しぶりに妙高高原ビジターセンタービオトーブから巣立った
カルガモが一羽遊びに来てくれました。



遊びに来たというよりも、エサを探しに来たのでしょうか?
一生懸命に池の中を啄ばんでいました。



こら!こら!平気で人間の方にやってきました。
あまり警戒心が無いのも心配です。
いもり池で出会った人たちに優しくされていたのでしょうね。

しばらく遊んだ後に親元に戻って行きました。

「燻製を作ってみよう!!」

9月24・25日 10月9・10日 の4回のイベント企画です。

去年はこのような材料







をスモークしましたが、さて今年もまた驚かせ好きの館長が、どんな材料を選ぶか
楽しみにしていてくださいね。

みなさまの参加をお待ちしています。

  妙高高原ビジターセンター 電話 0255-86-4599

その他のイベント企画はこちらです。クリックしてね→ くるみんだより


ウッドアート展開催中!
本日9月11日から館内のレクチャー室にて、「ウッドアート展」を開催しております。

【日 時】 9月11日(日)~10月10日(月)
【時 間】 AM9:00~PM5:00
【場 所】 妙高高原ビジターセンター レクチャー室


新潟県妙高市在中の「アトリエやしろ」さんが、
絵の具のかわりに様々な種類の木を使い、
パズルのように組み合わせて1枚の作品に仕上げている、
ぬくもりのある素晴らしい作品です。






アトリエやしろさんでは、ひとつひとつ心を込めて手作りで制作しています。
ぜひ足をお運びいただいて、木のぬくもりと豊かな表情を味わってください。
展示だけでなく販売もしておりますので、お気に入りの作品を探してみてはいかがでしょうか。

ウッドアート展を見にお越しになる際は、ぜひ妙高高原ビジターセンターのイベントにもご参加ください!
イベントの詳細はこちらから!


お隣さん


妙高高原ビジタ-センターの隣にレストランホンドリスがあります。
いもり池の湖畔に面した妙高山を一望できる最高の位置にこのレストランがあります。



窓際に座って眺めるとこのような景色が眺められます。
(本日は、天候が良くなく妙高山山頂が望めません。)

いもり池より一段高い位置にあるので、いもり池周辺を散策されてきた方にも
また違ういもり池や妙高山を見ていただけます。



デッキに出てお食事やお茶できますよ。スパゲティーやピザ、ソフトドリンクに
デザートなどがあります。

マスター曰く、オーダーをされなくても是非ご利用くださいとの事でした。

お弁当を持ってきてここで食べていただいてもOKだそうです。



当妙高高原ビジターセンターでもイベント企画の「顕微鏡観察会」や
120名の団体のかたがたの休憩所でもお世話になりました。

もっと知りたい方はこちらをクリックしてください。→ レストランホンドリス

9月24日・25日 10月9日10日の4回 燻製を作ろうのイベント企画があります。
毎回 10時~12時 参加費用 500円です。



今年はどんな燻製があるのかな? どんなものを燻製にしてみようかな?

段ボールで作る燻製ってどんなかな?

ただ今、参加者募集中です。

もっと詳しく知りたい方、他のイベント企画を知りたい方

くるみんだより  ←をクリックして見てね。








似たもの同士
昨日に引き続き「専門家と歩く草原ウォーキング」のイベントが行われました。



カヤバ草原はスキー場の草刈の後のため、ガイドウォークの
コースは急遽シークレットコースとなりました。

これからご紹介する花たちは、本日のコースで出会った植物たちです。

トリカブト・・・ご存知ですか?







以上の3枚とも「ヤマトリカブト」です。半径1Km範囲内で見つけたものですが、
色がそれぞれ違います。





ユウガギク・・・葉はつるつるしています。



ノコンギク・・・花は紫から白に変わるものもともと白いものとがあります。
         葉がザラザラしています。

オミナエシとオトコエシ。どちらもオミナエシ科です。



オミナエシ



オトコエシ

どちらも花のつき方は似ているのに、花の色がまったく違います。

ノハラアザミとタチアザミ


ノハラアザミ。よく似たノアザミは総苞(花序全体の基部を包む苞)に
ねばりがあります。



タチアザミ。総苞片が針状で射上しています。

2時間のシークレットコースのガイドウォークでは、同じ花でも
色が違って違う植物に思えるものや、同じように見えても
違う花だったりと楽しい出会いがありました。

まだまだこれからも楽しいイベント企画が沢山!

イベント企画  くるみんだより をみてね!

秋の草原ガイドウォーク
今日は秋晴れの中、ビジターセンターからカヤバ草原を
めざして歩きました。


道中で見られた花たち

アキノノゲシ


ツリガネニンジン


ツルリンドウ などなど。

秋の花を探しながらカヤバ草原に到着。


いつもより近くから妙高山を仰ぎます。


向かい側の斑尾山もきれいでした。


道中で、池の平温泉がろ過される前の、黒い温泉を見る事が
できました!

泥パックができそう。

今日のガイドは当館のアドバイザーで、池の平在住の池田さんでした。
地元の方と歩くと土地ならではのお話も聞けて楽しいですよ!
今後も様々な秋のイベントをご用意しております!
ぜひ参加してみてください♪
秋のイベントは下記くるみんだよりをチェック!

  くるみんだより


カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2016 - 09  >>
最新記事
過去記事
ブログ内検索
施設案内・その他
    〒949-2112
   
    新潟県妙高市関川2248-4
   
    TEL/FAX 0255-86-4599
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 4月~11月無休/12月~3月水木







    処理時間 0.309299秒