妙高高原ビジターセンターのスタッフによる、移りゆく妙高の自然についてつづるブログです。
ようこそ! ようこそ!「妙高高原ビジターセンター」スタッフブログへ!

ようこそ!


レンズ雲
妙高山付近にレンズ雲が。

写真右寄りの、凸レンズのような形の雲のことです。
UFOのようにも見えますね。
この雲は風が強く吹く前兆や、悪天候の前兆とされています。
明日の台風上陸が心配ですね。

今日の妙高高原は風が強く吹く時はあるものの、
雨は降らずにもちそうですので、散策を楽しめそうです。


タチアザミが咲き始めました


アカバナ
小さな花ですが、遊歩道沿いに沢山咲いています。


ミズオトギリ
こちらも小さく可愛い花ですが、午後の数時間しか花は開きません。
いもり池周辺では、午後3時頃全開になっているようです。


ノダケにキアゲハが
ハチと競って蜜を吸っていました。

丸くてかわいいハチも、夢中で蜜を吸っています。

今週末9/3(土)・4(日)は、植物の専門家と歩くガイドウォーク
を行います。ビジターセンターからカヤバ草原をめざして歩きます。
時間は 9:00~11:00
参加料は 300円

野草を知ると歩くことがもっと楽しくなりますよ!
植物の先生と一緒に歩いてみませんか♪
お問い合わせ・お申し込みは
妙高高原ビジターセンター
 TEL 0255-86-4599



秋の気配
暑い日が続きますが、それでもお盆を過ぎてからのいもり池周辺
では秋の気配を感じるようになりました。




青々としていた葉っぱたちも濃さを増し少し色に変化がでてきた様子。



輝くススキの穂も出てきましたよ。



ヤマハギの花は、終わりに近づいてきました。



ミゾソバの花。咲きはじめなのですがこの花の開花を待っていました。
白にピンクの縁取りが可愛い、小さな花をつけた野草です。

そして、妙高高原ビジターセンターの前のビオトーブには



オオシオカラトンボが来ていました。シオカラトンボより少し大きめで
ブルーの色がとてもきれいなトンボです。

これからまだまだ、夏には出会えなかった昆虫や花そして景色や自然を
楽しむことができます。

9月3日・4日に「専門家と行く、秋の草原ガイドウォーク」という企画があります。

専門家の方と歩くことによって、見えてくるものが沢山あります。

まだ定員に余裕がございます。ぜひご参加ください。

詳細及びこの他のイベント案内はこちら  です。




嵐の前の?青空
本日午前中の妙高山

山頂まですっきり見えていたのですが


台風が近づいてきているようで、雲の流れが速く
黒姫山が雲に覆われ、妙高山もじきに見えなくなってしまいました。
午後になり空が暗くなってきましたが、雨は降らずにもちこたえています。

夏休み自然教室は昨日で終了しましたが、残りの夏休みを楽しむ
子供たちがまだ遊びに来てくれるので、
【森のバッヂづくり】 再開しました!

さっそくこちらのお二人がチャレンジしてくれました♪


ずいぶん熱心に作業しているな・・・と思ったら


沢山作ってくれていました!
アイデア満載で、どれもカワイイですね♪
子供たちの発想にはいつも感心させられます。
森のバッヂ作りは9月9日まで毎日受け付けます!

いもり池周辺ではサワギキョウがまだまだ楽しめますよ。


ツリフネソウも遊歩道沿いにまだ沢山見られます。


ハンゴンソウも

外来生物のオオハンゴンソウと花は似ていません。


アケボノソウはつぼみを沢山見つけましたので、
これからどんどん開花しそうですよ!

さて、先日のブログで妙高高原は夏合宿の地だと
お伝えしましたが、ついに!
【第1回 黒姫妙高山麓大学駅伝大会】 が開催されます!!
来週日曜日、8月28日です。
それにともない、一部通行規制になる所もございます。
ご協力をお願いいたします。
大会の詳細は下記をチェック!
 
   【第1回 黒姫妙高山麓大学駅伝大会】






いもり池には自然がいっぱい!
   
顕微鏡で見た妙高山の火山灰     ミズバショウの葉の茎 です。

顕微鏡に携帯電話のカメラで撮影成功!!

8月20日、21日の両日に10時より顕微鏡観察会を行います。
何が見えるかな?

何を見たいですか?面白いミクロの世界をのぞきにいらしてみませんか?

会場は、妙高高原ビジターセンター隣のホンドリスにて行います。



キイトトンボです。きれいですね。とってもめずらしいそうです。
本日、妙高高原ビジターセンターのビオトープで見つけました。



クロバナヒキオコシ・・濃い紫の小さな可憐な花です。



アケボノソウ・・・花びらの中に見える水玉模様がかわいいですね。

いもり池の周辺に色々な花が咲き出しています。
散策しながら、かわいい花達を見つけてみませんか?

8月20日10時より、妙高高原ビジターセンターにて
野鳥のスライド上映を行います。

いもり池周辺で見られる野鳥の生態など、驚きの解説を
たくさん交えての盛りだくさんのスライド上映です。

妙高の自然に触れ合っていただくため、ビジターセンターでは
各種イベントの企画がたくさん!

多くの方のご参加をお待ちしています。

イベント企画誌「くるみんだより」をみてね  →  くるみんだより



週末は顕微鏡観察会!
8月20日(土)と21日(日)は顕微鏡を使ったイベントを行います。
夏休みの自由研究がまだ終わっていない子は要チェックですよ~!


どんなことをするかというと…

【ミッション1】ケイソウ(珪藻)を探せ!

いもり池でプランクトンを採集して顕微鏡で観察。
ケイソウの仲間は酸性度の違いや、寒冷か温暖かなどですみ分けているようです。
いもり池の将来を予想できるかも!

【ミッション2】ミズバショウの体を調べよう!

水の通り道や養分の通り道を観察します。

【ミッション3】妙高山の火山灰から鉱物を取り出そう!

昔の砂金採りと同じ手法で、約5,000年前に噴火した妙高山の火山灰から、
鉱物(宝石?)を取り出して観察します。

時間は午前10時から11時30分まで。
定員は20名で、参加料は300円(大学生までは半額の150円)です。
ご予約は妙高高原ビジターセンター TEL0255-86-4599までご連絡ください。

みんなでミクロの世界をのぞいてみよう!

その他のイベントについてはこちらをチェック!

花ざかり
夏の空に山が映えています。


いもり池周辺は今花盛りです♪
咲き始めの頃に紹介したサワギキョウ、ツリフネソウは
見頃を迎えています。
そのほかにも

コバギボウシが沢山咲いています。


ヤマハギもきれいに咲いています。


ゴマナも咲き始めました


アギナシ。これは少ないので探してみてください♪

妙高高原は夏合宿の地なので、ランニングをしている
学生さんが大勢みられます。

車道を走る事もありますので、お車で通行の方はお気をつけて、
またやさしい運転をお願いします!

山の日記念!妙高山オオバコ駆除登山
8月11日は今年からの新しい祝日「山の日」でしたね。
山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」です。
皆さんは山に親しみましたか?

妙高高原ビジターセンターでは、山の日にあわせて妙高山のオオバコを駆除するイベントを行いました。
まずは館長から、なぜオオバコを駆除するのかを説明。

オオバコは東アジアを中心に全世界に分布する植物で、日本でも北海道から沖縄まで分布しています。
何が問題なのかというと、元々は低い場所に生えていたオオバコが、
登山者の靴底に種子をつけて、高い場所に運ばれることにより、
高山植物の生育場所を脅かす危険性があるのです。
事前の下見では、残念ながら頂上でオオバコが確認されました。

駆除するためには、まずは妙高山の山頂まで登らなくてはなりません。
鎖場をこえ…


岩場をよじ登り…


無事山頂に到着!みなさんがんばりました。


山の日だけあり、山頂はにぎわっていましたよ!


火打山(写真中央)・焼山(写真左)もきれいに見えました。


そしていよいよ今回の目的のオオバコ駆除のスタートです。


今回は成長点がある茎の上部を刈り取りました。




皆さんのご協力のおかげで、大谷ヒュッテ~山頂間のオオバコの8割ほどを駆除することができました。


最後は、オオバコ茶・オオバコクッキー・オオバコシフォンケーキを振る舞いました。
できるだけオオバコ感をだして、まずく仕上げようとしましたが、
意外とおいしくできてしまい、なかなか好評でした。


さて、オオバコ駆除は始まったばかりです。
一旦広がってしまったオオバコを根絶するのはそう簡単ではありません。
ビジターセンターとしてはこれからも駆除活動を続け、
一人でも多くの人にこういう問題があることを知ってもらい、
高山植物の美しい妙高山を守ることにつながっていけばと願っております。

参加していただいた皆様おつかれさまでした!

さて、ただいま妙高高原ビジターセンターでは夏休み自然教室を実施中です。
詳しくはこちらをご覧ください!
夏休み自然教室詳細


夏休み自然教室
夏休み自然教室が始まりしました!
環境省パークボランティアが毎日ガイドウォークや
クラフト教室などを開催してくれます。
今日はその2日目。
早起きは三文の徳!というようなすがすがしい空の下、
【おはようウォッチング】が朝6:00からスタート!

高原の朝は涼しいです!
花や鳥などを探しながらいもり池周辺を散策。

10:00からはビジターセンター内で【スライド上映】
国立公園である妙高の自然について、スライドとともに
長年の経験を交えて解説!

スライド上映はご自由にご覧いただけます!
そのあと10:45からはいもり池周辺のガイドウォークに
出かけます。

午後は13:30より日替わりの内容で、【クラフト教室】
を行います。 きのうは種のブローチ作り。


かわいこちゃんたちが参加してくれました♪


今日はフェルトの香り袋作りでした。


小さな子も挑戦してくれましたよ♪


8月21日(日)まで毎日開催しています!
詳しくはこちらをご覧ください

  夏休み自然教室詳細



竹から何ができるかな?


これは、竹です。わかっていますね♪

この竹から



竹のやじろべぇや



ふくろう笛やうぐいす笛・・・だったり



竹鉄砲、竹とんぼ・・・懐かしいですね だったり



素敵でしょう?一輪挿しにしてみました。



川で流して競争しませんでしたか?葉っぱを使って笹舟です。

竹からこんなにいろいろと製作ができるのです。すごいと思いませんか?

妙高高原ビジターセンターでは、竹細工体験コーナー及び
スゲ細工体験コーナーを8月10日まで開催しております。


8月11日~21日までは、体験コーナーに引き続き
夏休み自然教室の中でクラフト教室を催します。

日によって内容が変わりますが、動物の顔バッチづくりや
フェルトの香り袋づくりなどいろいろ・・・
詳しくは、妙高高原ビジターセンター事務室

0255-86-9544 へお問い合わせください。



今日もまた、妙高高原ビジターセンター前のビオトープに
カルガモ親子がやってきました。
親1羽に子供5羽、皆元気な姿にホッとしました。
(この写真は子供の方です)

クラフト教室のほかにも妙高の自然と触れ合っていただこうと
各種イベントを企画しています。

イベント企画情報 みてね → くるみんだより





スペシャルガイドウォーク(植物・昆虫編)
ここ数日、やっと妙高山頂まで見えるようになりました!

妙高高原も夏らしい暑さになってきました!

昨日6日は昆虫・植物に詳しい先生が案内する
スペシャルガイドウォークをおこないました!

定員の20名様にご参加いただきました!

こちらの山本先生にとって、フィールドは全てが教材になるようで


集合場所でヤゴの抜け殻を見つけては、さっそく解説


山本先生のお話は分かりやすく、子供も大人も興味深々。


フィールドへGO!


何か見つかるかな?


チョウやトンボなどを捕まえては、詳しく解説して下さいました。


知らなかった事が分かると、自然がもっと楽しくなりますね!
ご参加頂いたみなさんありがとうございました!

8月11日からは毎年恒例の夏休み自然教室が始まります!
また遊びに来ませんか!
詳細はイベント情報くるみんだよりをご覧ください。

クリックしてね→ くるみんだより




カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2016 - 08  >>
最新記事
過去記事
ブログ内検索
施設案内・その他
    〒949-2112
   
    新潟県妙高市関川2248-4
   
    TEL/FAX 0255-86-4599
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 4月~11月無休/12月~3月水木







    処理時間 0.307322秒