妙高高原ビジターセンターのスタッフによる、移りゆく妙高の自然についてつづるブログです。
ようこそ! ようこそ!「妙高高原ビジターセンター」スタッフブログへ!

ようこそ!


オオハンゴンソウの駆除活動
恥ずかしがり屋の妙高山は、最近顔を見せてくれませんでしたが、
今朝は久しぶりに雄々しい姿を見せてくれました。

今日は6月26日に引き続き、2回目のオオハンゴンソウの駆除イベントを開催いたしました。
前回は一般の方2名の参加でしたが、今回はなんと22名もの方にご参加いただきました。

なぜオオハンゴンソウを駆除するのかというと、
もともとその地域に存在しなかった生物を人間が持ち込むことによって、
生物の多様性や独自性を脅かす一つの要因になるからです。

オオハンゴンソウは環境省が特定外来生物に指定しており、
外来生物法で飼養・栽培・保管・運搬・輸入・譲渡・放出といった行為が規制されています。
さらに「緊急対策外来種」に分類されており、対策の緊急性が高く、積極的に防除を行う必要があるんです。
オオハンゴンソウ自身に罪はないのですが、要するにそのまま放っておいてはまずいということなんです。

オオハンゴンソウの厄介なところは、種子の他にも、埋土種子(土壌シードバンク)や地下茎を伸ばして群落を広げるので、
根こそぎとらないと根絶することはできません。







みなさんの力で約10m四方の区画のオオハンゴンソウをほぼ全て抜き取りました。

before


after

45ℓのゴミ袋で38袋分にもなりました。


作業後にはオオハンゴンソウの若葉をてんぷらにしていただきました。
おいしいという声よりも、食べられないことはないですねという微妙な感想が多かったです。
わたしは結構おいしいと思ったのですが…。




みなさま暑い中、ご協力ありがとうございました。
駆除活動を継続することで、オオハンゴンソウを見たら、これは問題があるなと感じてくれる人が増え、
その結果、近い将来オオハンゴンソウの無い、美しい妙高の自然を取り戻すことができることを、切に願っております。

さて、8月はイベント盛りだくさん♪
妙高高原ビジターセンターへ遊びに来ませんか?

8月6日は昆虫に詳しい先生が案内するスペシャルガイド
ウォークを開催! 
詳細、その他イベント情報はくるみんだよりをチェック!

 クリックしてね!→ くるみんだより



芸術学校
妙高市の赤倉温泉は、日本近代美術界の祖である岡倉天心が
こよなく愛し、美術研究所開設を夢見ながら志半ばで永眠した地です。
その地で、毎年【妙高夏の芸術学校】が、赤倉・池の平などを
会場に、3泊4日で行われています。 今日はその2日目。
いもり池周辺では絵を描いている方が大勢いらっしゃいました。




しかし残念ながら今日も妙高山頂は姿を見せず・・・

それでもみなさん上手に絵を仕上げていました。
朝6時頃は山頂が見えている事が多いので、お泊りの方は
早朝に妙高山を眺めるのがおススメです。

いもり池周辺ではツリフネソウが咲き始めました


近くの道路沿いにオオウバユリ


ナワシロイチゴの実。 食べられます♪


8月はイベント盛りだくさん♪
妙高高原ビジターセンターへ遊びに来ませんか?

8月6日は昆虫に詳しい先生が案内するスペシャルガイド
ウォークを開催! 
詳細、その他イベント情報はくるみんだよりをチェック!

 クリックしてね!→ くるみんだより







いもり池周辺ガイド・館内ガイドしています!


妙高高原ビジターセンターでは、ご来館いただくお客様に
もっと妙高高原のこと、周辺の自然のことを知っていただく為
館長と専門のガイドが、面白おかしく楽しい案内をさせていただいています。



個人から団体様まで承っていますが、学校関係のご案内は無料となっておりますので、
事前にお伝えいただきますようお願いします。



館内案内は無料となっております。
屋外の案内は、300円(保険に入ります)です。

団体様は、事前のご予約が必要となります。個人の方でも、案内人が他のイベントなどに
入っていますとお断りさせていただいておりますので、
ご予約をいただいた方が確実ですね。

妙高高原ビジターセンターでは、多くの方に自然と触れ合って
いただくために、各種イベントを企画しています。

イベントの内容は、イベント企画を載せたくるみんだより
ご覧ください。

   くるみんだより ←クリックしてね


スゲ細工
スゲ細工ってご存知ですか?

スゲ細工とは・・・スゲ細工は、昭和33年にお土産として持ち帰られた長野県のわら細工が始まりである。
わらの代わりに新潟県妙高市では、妙高で自生するスゲを使い、栽培から、刈り取り、
素材加工、制作など全ての工程を手作業で行っています。



妙高市平丸の地区において、伝統民芸品を守り継承している「平丸スゲ細工保存会」が
あります。上記のパンフレットにある作品を見たい方は、事前に
0255-77-4839へお問い合わせください。



飾り用のスゲ細工のわらじです。環境省パークボランティアの方の作品です。
すべらないわらじ。すべらない・・・受験のお守り代わりにお家に飾っておくのも
いいかも知れませんね。



こちらは、スゲでよった縄です。とても丈夫な縄です。
どちらも、妙高高原ビジターセンターで販売をしています。

よる・・・何本かとねじり合わせて1本にすること

気になる方、お問い合わせください。

 電話 0255-86-4599



最近妙高高原ビジターセンター前のビオトープに姿を見せない
カルガモ親子。少々心配をしていたところ、早朝のいもり池で
発見!寝ているところだったのですね。ごめん!ごめん!
皆無事な姿にホッとしました。

妙高高原ビジターセンターでは、各種イベントを企画しています。
妙高高原で、自然に触れ合ってみませんか?

詳しくは、イベント企画くるみんだよりをご覧ください。

  くるみんだより  ←クリックしてね

昆虫好きあつまれ!!
こちら新潟県も梅雨が明けたようです。
ですが、妙高山は雲の中。今日も顔を見せてくれません・・・


子供たちは夏休みに入りましたね♪
来館する子供の割合も増え、にぎやかになってきました。

さて、夏休みの自由研究に昆虫や植物の観察や標本などを
考えている子供たち!注目ー!!


昆虫、植物に詳しい先生と散策するガイドウォークの特別編!

8月6日(土)
スペシャル☆ガイドウォーク
 【昆虫・植物編】
10:00~11:30
参加料300円(学生は半額!)






 ※写真は今年度撮影のものではありません

質問や相談がある子供たちはこの機会にぜひ先生に聞いてみてね!
もちろん大人のみのご参加も歓迎です!
昆虫の世界を知ると自然がもっと楽しくなるかも!
ご予約お待ちしております♪

妙高高原ビジターセンター
0255-86-4599

サイクルハウス
妙高高原ビジターセンターにはレンタサイクルがあります。
以前の保管方法はシートをかぶせているだけで、出し入れに時間がかかっていました。
しかし、そんな悩みはもう過去のもの。ついにサイクルハウスを購入しました!
これで出し入れが楽になりましたので、レンタルの依頼がございましたら、
すぐさま自転車をご用意できます。






自転車は大人用3台と子供用1台の計4台ございます。
大人用はなんと電動です(子供用が電動でないのが難点ですが…)。
ご利用料金は2時間までは100円、4時間まで200円、…8時間でも500円です。
そしてなんと、中学生以下は無料なんです!

自転車に乗って標高750mの妙高高原の爽やかな風を感じてみませんか?

オオハンゴンソウ
7月31日、来週日曜日は特定外来種駆除イベント
【オオハンゴンソウをやっつけろ!】を行います。
こちらはブラックバスの駆除イベントとはちがい、楽しいもの
ではないかもしれませんが、在来種の花たちを守るために、
欠かせないイベントなのです。

こちらがオオハンゴンソウ。
黄色が鮮やかできれいですが、繁殖力がスゴイ!!


オオハンゴンソウは
・地下茎を伸ばして群落を広げる
・種子の他、埋土種子(土壌シードバンク)で増える
・他感作用物質を出し、他の植物を寄せ付けないようにする

除去が難しく、繁殖力が強い理由です。
在来の花を守るために、オオハンゴンソウ駆除にご協力を
お願いします!参加は無料です。

いもり池周辺ではユウガギクが咲き始めました。


ドクゼリは花火みたいですね♪


ツユクサの青がきれいです。

夏らしくなってきました。
ですが、まだ風が涼しく感じます。妙高高原へ涼みに来ませんか!

遊歩道ではカルガモ親子に会えるかもしれません♪



近づきすぎて親ガモに怒られました・・

イベントのお申込み、お問い合わせは
妙高高原ビジターセンター
電話0255-86-4599
お気軽にどうぞ♪


まわりのいきもの
3連休の最終日、いもり池周辺は1日あいにく霧の中。


ここだけ雲の中だったようで、少し離れると晴れていたそうです汗
それでも沢山の方にご来館いただきました。
今日も時々ビオトープに遊びに来るカルガモ親子は人気者。
でもお客様を楽しませてくれたのはカルガモだけではありませんよ!

水槽から上陸したてのヤマアカガエル。

かわいいですね♪置物みたいにじっとしている
と思ったら、スイスイ泳ぎだしました。
もうすぐ上陸しそうなおたまじゃくしもいますよ。

トンボの抜け殻も沢山みるようになりました。


当館裏のツバメはかなり育ち


親より大きい位なのに、エサをおねだり。(左の1羽が親です!)
もうじき飛ぶかな?と思っていたら、昨日の夕方巣が空になっていました。
でも今日の朝、となりの窓枠に


遠くまでは飛べないようです。2羽並んでエサを待っています。
飛ぶようなしぐさを見せるもののまだ怖いようで、今日も1日親がエサを運んでいました。

周辺の花々も、お客様を楽しませてくれています。

ヒヨドリバナがきれいに咲いています


ミズオトギリ


ヒメシロネ

梅雨明けはもうすぐでしょうか。






無事に終了しました
ブラックバスの駆除を目的とした、親子釣りイベント
【ブラックバスをやっつけろ!】2日目。

朝受付の時点では雨がしとしと降っていて、
キャンセルの方が多いのではと心配していたのですが、
雨の中、ご予約頂いたほとんどの方がお集まりになり、
とてもありがたく思いました。

そんなみなさまのおかげで、事前説明をしているうちに
雨があがり


終わる頃には日差しが出て暑い位になりました


今日の1等賞!


こちらのお父さんは大物賞♪


ケガなどのトラブルもなく、無事にイベントを終了することが
出来ました。
ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました!

また、NPO法人e-myokoのみなさまには2日間
サポートをしていただき、大変助かりました。
この場をお借りして感謝申し上げます。

ブラックバスはちゃんと処理をすればおいしく食べられます。
みなさんも釣ったら食べてみてはいかがでしょうか!

次回は7/31(日) オオハンゴンソウをやっつけろ!
こちらも特定外来生物の駆除イベントです。
みなさまのご協力をお願いいたします。


ご参加ありがとうございました!
今日はブラックバス駆除イベントを行いました!
曇り空で暑すぎず、天気は良好。


大物が釣れた!!

と思ったら鯉だったり


こんなものが釣れたり

なかなかブラックバスが釣れず、
子供たちは待ちくたびれたかな・・

釣れた!今日の一等賞です♪

最後は天ぷらにしたブラックバスを
みんなで試食した後


賞状と賞品を贈呈しました。

ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!!

午後からは【上越詩を読む会】の皆様による
詩の朗読会が行われました。


音楽と映像に合わせて、詩が朗読されました。


上越・妙高に対する思いが、詩で表現されています。
詩の展示は8月10日まで行っております。
どうぞご覧ください。





カレンダー
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2016 - 07  >>
最新記事
過去記事
ブログ内検索
施設案内・その他
    〒949-2112
   
    新潟県妙高市関川2248-4
   
    TEL/FAX 0255-86-4599
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 4月~11月無休/12月~3月水木







    処理時間 0.308909秒