妙高高原ビジターセンターのスタッフによる、移りゆく妙高の自然についてつづるブログです。
ようこそ! ようこそ!「妙高高原ビジターセンター」スタッフブログへ!

ようこそ!


小雨交じりの秋の日&旅立ち
今日も涼しい朝を迎えました。
ですがあいにくの小雨交じり&霧です。

湿っぽく外を歩くとキノコも色々出てきました。
この湿り気に喜んでいる生き物が・・・

そうカエル達です。でもこの子、何か変・・・


ちょっとぽっちゃりしたニホンアマガエルなのです。餌をよく食べます。以前マイマイガの幼虫が多く出た際にはその幼虫を恵方巻きみたいにして食べていましたぎょ

さて、イモリ水槽の近くで飼育していたモリアオガエルのオタマジャクシ(ビジターセンター隣のビオトープに産みつけられた卵塊より生まれた)もついに上陸し別れの季節です。


元気に外の世界に飛び出していきましたにこっ。「元気でね!」
さて最後に、昨日取り付けが終わった「ビジターセンター友の会特別企画、草木染の希望のハンカチ」を外に飾りました。

これからどんどん会員の皆様から届き、某映画のようにハンカチが風になびくようにしたいと思います。
お楽しみに!

リブランの森~狐池までの現在の様子
今日は朝から雨が続いています。現在は少し雨が弱まっています。
本日、リブランの森~狐池までの道を見てきました。

雨が降る中でしたので森が湿っていました。

ニホンアマガエルも雨宿りをしていました。

キンミズヒキなども雨に濡れてしっとりしています。

狐池までのルートはゆっくり歩いて行くと様々な植物や生き物がいますので、ぜひ天気が良い日に散策をすると気持ちがいいですよ!

実験中!
本日2つ目のブログですが、外にこのような場所があります。


実は1枚目の写真は刈ったヨシで雑草を覆う遮光シート替わりにならないのかを試しています。
2枚目の方は特定外来生物のオオハンゴンソウを駆除するための実験です。
この2つが上手くいくかは今後また成果を見ながら報告します。

なお、この場所は試験中ですので構わないでください。よろしくお願いします。


変わりやすい天気の日です。
今朝は雨でしたが現在曇りから晴れになりそうな感じの空模様です。
ただ、通り雨のように時に雨が降る変わった天気の日です。

「この季節、花がどんなのが咲きますか?」との問い合わせが多いのですが、このような植物が現在のいもり池で確認できます。

タチアザミ

ツリフネソウ

そしてやはり葉の色が変わってきているような・・・。

カルガモも羽の手入れに大忙しです。にかっ

その他の植物も咲いています。また、カヤバゲレンデや狐池までのリブランの森でも様々な植物が見られますのでぜひ、そちらにもお越しください。

先ほどまで、妙高山頂上が確認できました。現在は靄の中です。残念!!きゅー

久々の太陽!
今日は朝は曇りでしたが現在太陽です。
いもり池の周りも気温が上がり虫たちが元気な姿を見せてくれます。

お尻を上げているイトトンボの仲間

いもり池の遊歩道を歩くと早くも栗が落ちていました。まだ8月なのに。

上空には何やら猛禽系の鳥が飛んでいました。

若干、葉が色づいてきているように見えました。気のせいなのかそれとも???。

今年は何か季節の移り変わりが早く感じます。

花の方は移行期が終わり、様々なものが出てきてます。散策の際にお楽しみください。
明日・明後日はイベント「いもり池と妙高の自然Ⅳ」です。移ろう自然を観察するガイドウオークです。
イベント参加予約受付中です!

秋の気配がしています
今日は朝は霧でしたが現在曇りです。
秋の気配が一段と濃くなってきたいもり池周辺です。


サワギキョウ 

エゾゼミが寒そうにヨシの茎に止まっていました。

ちょっとだけリニューアルしたビジターセンターのイベント紹介看板です。
可愛いイラスト付きです。

夏休みも近隣の小中学校は終わったみたいですが、ぜひ秋のいもり池にもお越しください。
涼しい風が吹いています。にかっ
にかっ

「燻製を作ってみよう」試作中!
今日は先ほどまで妙高山頂上が確認できましたが、徐々に妙高山頂上に霧がたちこめてきました。

写真は9時台のいもり池。いもり池の周りは現在くもりです。

さて、9月12日から行うNewイベント「燻製を作ってみよう!」の試作品を先ほど作っていました。
試作品はこちら・・・

肉類以外の燻製品が写真上のものです。ミックスナッツ、チーズ、レーズン、ちくわ、味付け卵のラインナップです。ちくわはもっと燻せば色が付きます。色白ですがいい香りです。チーズなどは10分くらいで燻製品が出来上がりました。
現在、肉類は燻煙中です。

このイベントは材料を用意する関係で各イベント日2日前までに予約が必要です。
食欲の秋、ワンランク上の燻製を作って秋を楽しもう!にかっ


霧の妙高高原
今日は朝から霧で覆われています。ブログタイトルが何か曲のタイトルみたいですが現在も霧が濃いのでお越しになる際は気をつけて下さい。
イベント「カヤバの植物観察会」も先ほど終わりましたが、


ぎょ霧で覆われていましたが、9名の参加者とともにカヤバの植物を観察してきました。

ヨツバヒヨドリ

キンミズヒキ

ノハラアザミ
今日は、霧が濃かったですが晴れればきれいな景色と美しい花々がもう少しの期間は楽しめると思います。

次のイベントは29日・30日の「いもり池と妙高の自然Ⅳ」です。いもり池周辺などを周って植物などを観察します。イベント参加のご予約受付中です。


雨で植物達も活き活き。
今日は朝から雨が強まったり弱まったりを繰り返しています。
しかし、この雨を喜んでいる者も、そう、それは植物達です。
今年は夏休みで観光客の皆様が多い時、結構晴天の確率が高くて散策に訪れた方が多かったですが雨が少なかったので植物たちはちょっと元気をなくしていました。


キンミズヒキ
和名:金水引
細長い黄色の花穂を金色水引に見たてたことからこの名前がついたようです。現在いもり池の周りでよく見られます。

ハンゴンソウ
和名:反魂草
死線をさまよっていた者がこの植物で作った薬で魂が蘇ったという意味だそうですが・・・特に薬効があるかどうかは謎???です。
時々間違われますが、この植物は在来種です。
以前写真を載せた
これは特定外来生物のオオハンゴンソウです。オオハンゴンソウは駆除対象です。
そんな違いも見ながらいもり池を歩かれるのも楽しいと思います。


「カヤバの植物観察会」で見られるかもしれない植物達
今朝は早朝は曇りのち雨でしたが、現在は雲で23℃と過ごしやすいです。徐々に天気も回復しています。
今週の日曜日23日の「カヤバの植物観察会」で見ることができるかもしれない植物をいくつか紹介します。
写真は8/16に撮影したものです。

コオニユリ

イタドリ

キキョウ

コウゾリナ

ノハラアザミ

ヤマハギ

ツリガネニンジン

オミナエシ

ミチノクヨロイグサ(別名:ケナシミヤマシシウド)

特定外来生物オオハンゴンソウ

特に、この写真の中のツリガネニンジンは花の形が釣鐘に似ていることと、根が朝鮮人参に似ていることからこの名前がついていて、なんと若芽は食用になります。
当日はこの写真を撮影した日から少し日が経ちますが、カヤバゲレンデを廻れば素敵な植物に出会えると思います。
イベント参加希望の方は、前日の17時までに参加予約をお願いします。



カレンダー
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2015 - 08  >>
最新記事
過去記事
ブログ内検索
施設案内・その他
    〒949-2112
   
    新潟県妙高市関川2248-4
   
    TEL/FAX 0255-86-4599
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 4月~11月無休/12月~3月水木







    処理時間 0.308878秒