妙高高原ビジターセンターのスタッフによる、移りゆく妙高の自然についてつづるブログです。
ようこそ! ようこそ!「妙高高原ビジターセンター」スタッフブログへ!

ようこそ!


「オオハンゴンソウをやっつけろ!」多くの参加者で駆除作業を行いました。
今日はじめじめとした暑さが続いています。
「オオハンゴンソウをやっつけろ!」のイベントでは20名の参加者の皆様と駆除作業に励みました。

オオハンゴンソウ

館内で環境省妙高高原自然保護官事務所の佐藤保護官より、ミニ講義で「生物多様性と外来種駆除」に関する講義を受けたのち参加者全員で外に出て駆除作業開始です。


どんどん駆除していきます。

駆除していた際に昨年、真ん中の部分を刈り取られたのち左右に茎を伸ばしたものも見ることができました。恐るべし、オオハンゴンソウぎょーん

約3時間で5Lのごみ袋30個ほどの駆除したオオハンゴンソウがたまりました。これは、この後焼却施設で処分します。

最後に参加者全員で記念撮影。
今回のイベントに関わっていただいた環境省妙高高原自然保護官事務所&環境省パークボランティアの皆さん、NPO法人e-myokoの皆様、県環境企画課&H27環境リーダースキルアップ講座受講者の方々、上越森林管理署の方々、妙高市市役所の方々、妙高市観光協会の皆様ありがとうございました。
妙高市の方でも笹ヶ峰でオオハンゴンソウの駆除活動をするそうですので詳しくは妙高市のホームページをご覧ください!
ビジターセンターのホームページ、リンク集からアクセスできます。


「オオハンゴンソウやっつけろ!」について
今日は曇り雲が続いています。
さて、明日は「オオハンゴンソウをやっつけろ!」のイベント日です。9:00~12:00までのイベントです。最初に環境省妙高高原自然保護官事務所の保護官よりミニ講義を聞いたのち、外に出て駆除作業を行います。参加者には冷たい飲み物をプレゼントします。
オオハンゴンソウは早いものではもう花が咲いています。


綺麗な花ですが、やはり特定外来生物に指定されていますので駆除しなければいけません。
明治の中期頃に園芸用として日本に入ってきてしまったオオハンゴンソウ、ブラックバスの時と同じですが、彼らは入りたくて入ってきたわけではなく人間によって入れられてしまったものです。

駆除しないといけないですが経緯だけで見るとなんか、かわいそうな気がしますが在来種を守るためにしなければならないので皆さんの力を合わせて駆除活動を頑張りましょう!
イベント予約は本日中受け付けていますので、参加希望の方は妙高高原ビジターセンターまでご連絡ください。

現在の植物&水槽内の生き物の生育状況
今朝は快晴です。しかし現在少し雲が多くなり曇り雲ですね。
気温は少しづつ上がってきています。
本日は、JCV上越ケーブルビジョンの「おはよう上越」で取り上げられたオオハンゴンソウ駆除イベントについて少し取り上げます。

オオハンゴンソウ(写真は開花したもの)
キク科の花で北アメリカ原産です。明治の中期ごろに観賞用として日本に持ち込まれました。特定外来生物の1つです。開花期は7~10月です。
根っこから駆除しないといけませんので大変です。「オオハンゴンソウをやっつけろ!」というイベントを31日に行います。多くの参加者を募集しています。

さて、現在いもり池周辺では・・

ノアザミなどを見ることができます。

さらに館内では・・

モリアオガエルのオタマジャクシや

卵塊から育て幼体まで成長したクロサンショウウオ

さらにアカハライモリの幼体もいます。
現在スクスク成長中です。来館された際に成長具合をご覧ください!暑い日になりそうです、こまめな水分補給をして散策に出かけてください。

夏休みにぜひご覧ください。
今朝は小雨でしたが、現在は曇り雲です。少し涼しくなりました。
さて、7月初めに来館され、ご覧になった方は知っているかもしれませんが現在、
「ちょっとした特別展:妙高戸隠連山国立公園内のカエル達」という展示をレクチャー室で行っています。


11種類のカエル達も皆さんに会えるのを楽しみにしています。ですが、カエル達は憶病ですので、水槽をたたいたり、脅かしたり、手で触れたりはしないでくださいね。

さて、ビオトープ池の周りでは、

サワギキョウの花が咲いています。

稲もぐんぐん育ってきています。

来館時にご覧ください!
今日は涼しいのですが、暑い日もありますので熱中症予防に気をつけながら散策してください。

静かに時間の流れを感じてみよう!
今朝から現在まで太陽がでて、ぐんぐん気温が上がっていています。
いもり池の方は暑いせいか、まだ観光客の皆様が多くは見えません。

実はこういった人の少ない時ほど、動物や植物をじっくり観察できます。暑くて大変ですが、静かな空間で自然観察してみると・・

青空を背景に

タチアザミなどの花々
こうしてゆっくりと時間を忘れながら見るということも大切ですね。観光客でにぎわうのも観光地として重要ですが、時には静かな空間でゆっくりしていただくのも重要かなと思います。
妙高高原ビジターセンターでは、近隣の博物館や施設などの情報を豊富に取り揃えています。



ビジターセンターにお立ち寄りの際には、近隣の施設情報をゲットして、様々な場所に行ってみてください。
充実した夏休みを過ごしてくださいね!

私たちの季節&この植物は注意!
今朝は朝から晴れていますが妙高山頂上の雲は取れたり取れなかったりです。
気温も上がってきています。

現在、いもり池を散策されるとこのバッタがよく出てきます。名前はミカドフキバッタ(以前の名前はミヤマフキバッタ)です。バッタなのですが羽が退化しているのが特徴です。よく子どものイナゴですかと聞かれますが大人のミカドフキバッタです。


さて、この花も現在いもり池で見られますが、名前は「ドクゼリ」です。名前の通りかなり強烈な毒ぎょーんがありますので絶対に食べないでくださいね。あうっ

今日から夏休み本番の方々もいらっしゃるかもしれませんが、いもり池だけでなくリブランの森、苗名滝までのセラピーロード、笹ヶ峰などもこの際に散策してみてはいかがでしょうか?きっと素敵な体験ができますよ!

本日は雨が続いています。
今朝からの雨は現在も続いています。雨
しかし、しばらくぶりの恵みの雨でもあります。植物たちは心なしか元気が回復しているように見えます。

オオバギボウシ

チダケサシ

中でもこのオオバギボウシですが、漢字で書くと「大葉擬宝珠」、大きな葉のギボウシの意味です。ギンブキやウルイと言ってこのあたりでは食用にもなります。
明日以降天気が回復すれば、雨で水分補給をした様々な生き物たちの元気な姿が確認できると思います。
夏休みの思い出づくりに妙高高原の様々なエリアを回ってみましょう!にひひ

幅広い世代に対応します。
今朝から現在まで晴れ太陽、いもり池も・・・

きれいな青空が広がっています。
本日は9時ころに新潟市の幼稚園の皆様が訪れました。


副館長出題のカエルクイズで大いに盛り上がりました。
「カエルは人間と同じように上の歯、下の歯があるでしょうか?○だと思う人は手をあげて下さい」などなど。
このブログをご覧の方はわかりますか?答えは来館時に直接聞いてみてくださいね。

館にお越しの際に、あらかじめ連絡をいただければ、様々なクイズや解説などもできますので、館に連絡して尋ねてみてください。

少し雲が出てきましたが暑いですので、熱中症などに気をつけて散策などを楽しんでくださいにかっ

カヤバスキー場に行ってみると
今朝から現在まで快晴で気温もぐんぐん上がっています。
暑いので、カヤバスキー場(現:池の平温泉スキー場)に行って植物を探してみると・・

ハナニガナ

ハナニガナ(白花)

コウリンカ

クガイソウ
こんな感じで見ることができます。ただ、本日はスキー場も暑いです。

さて、ビジターセンターのビオトープ池の魚の種が昨日わかりました。

モツゴでした。北里大学海洋生命科学科、井田名誉教授に鑑定していただきました。
シナイモツゴかモツゴかで迷っていましたが、モツゴに決定しました。
暑くなってくる時期です。散策の際はこまめな水分補給などをして熱中症にならないように楽しんでください。

昨日の講演及び本日の「ブラックバスをやっつけろ!」
今朝は朝から快晴でした。
昨日の夜は、「生き物の多様性を考えよう」では8名の参加者とともに北里大学海洋生命科学科:井田 齊名誉教授による講演会がありました。
あいにくの雨の中でしたが、館内では井田教授の熱い講演で大いに盛り上がりました。世界中の魚や深海の魚など中々聞けない話などを聞くことができました。
さて、本日は「ブラックバスをやっつけろ」2日目で43名の参加者とともに駆除活動を行いました。

井田 齊名誉教授によるミニ講義後・・・


外に出て釣り始めました。今日は中々、魚影が見えず、11時半に終了しましたが、今日は残念ながら釣果は0でした。

最後は、クイズ大会の正解者に釣り大会の商品が配られました。参加者の皆様お疲れ様でした。
2日間のイベントにご協力いただいた井田教授、NPO法人e-myokoの皆様、本当にありがとうございました。

今回は3日間の予定のイベントでしたが、1日目は台風の影響で中止でした。たくさんの応募があり、安全管理上お断りしてしまった方々申し訳ありません。
9月または10月に今回お断りしてしまった方々などを対象に1~2日間の日程でもう1度行うかもしれません。日程は未定ですが、環境省や地域の方での許可が下りれば行う予定です。ホームページに日程が出たらぜひ、参加申し込みをして一緒に駆除活動を行いましょう!


カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2015 - 07  >>
最新記事
過去記事
ブログ内検索
施設案内・その他
    〒949-2112
   
    新潟県妙高市関川2248-4
   
    TEL/FAX 0255-86-4599
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 4月~11月無休/12月~3月水木







    処理時間 0.321658秒