妙高高原ビジターセンターのスタッフによる、移りゆく妙高の自然についてつづるブログです。
ようこそ! ようこそ!「妙高高原ビジターセンター」スタッフブログへ!

ようこそ!


館長と雪上散策
年末年始に充分な雪が降り、ビジターセンター周辺の積雪は150㎝を越えています。
雪がやぶを覆うと、辺り一面スノーシューやクロスカントリースキーの遊び場に。
この3連休はスノーシューやクロカンを楽しむ方が多くいらっしゃいました。

日曜日は和歌山県からお越しの親子3人組が「館長のガイドウォーク」にご参加くださいました。
2人の娘さんは初めてのスノーシュー体験でしたが、すぐに慣れました。
スノーシューはたいした練習なしでできるようになるので、老若男女問わず幅広い世代の方に楽しんでいただけます。


妙高に住んで4年目のわたくしは、雪を見ると「除雪が大変だなぁ」としか感じなくなってきましたが、
普段あまり雪の降らない地域の方には非日常の世界が広がっているようで、
雪景色や雪のフカフカの感触に感動しきりの様子でした。


動物の足跡を見ながら生態について解説したり、森の妖精(植物の葉痕)探しをしながら森の中を歩きます。

写真はサワグルミの葉痕(ようこん)…かわいい顔に見えませんか?

雪の上に寝転んだり、


たき火でマシュマロを焼いたり、


雪上をダッシュして、雪と戯れました。


最後は親子3人でジャンプ!

雪上での遊び方を教えてもらったイベントとなりました。


月曜日は神奈川県からお越しの親子4人組がクロカンに挑戦。
お兄ちゃんは時々転倒しながらも、一人でどんどん滑っていき、見る見るうちに上手になっていきます。
子供は上達が早いです!


3才の弟ちゃんは疲れてしまい、途中からはお父さんにおんぶしてもらいました。
お父さんは大変…かと思いきや、
高校時代は山岳部だったそうで、20㎏近い重さも何のその。
初めてのクロカンを一番上手に滑っていました。


雪の上で寝転んで、スノーエンジェルを作ったり、


マシュマロや甘酒を味わい、時折雲間から覗く青空や妙高山を見ながら、穏やかな時間を過ごしました。


最後は斜面の滑降に挑戦!


あえなく失敗してしまいましたが、クロカンを存分に楽しんでくれたようです。


これに懲りずに、妙高高原へまた遊びに来てください!


というような内容で、「館長のガイドウォーク」は館長とわたくしが対応できる場合は、
平日でも随時受け付けております。(※水曜・木曜は休館です)
参加料はお一人300円。レンタル料金は1セット1,000円です。

なお、週末には様々なイベントを企画しております。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。

妙高の豪雪を味わいに、ぜひ足をお運びください。


カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<  2018 - 02  >>
最新記事
過去記事
ブログ内検索
施設案内・その他
    〒949-2112
   
    新潟県妙高市関川2248-4
   
    TEL/FAX 0255-86-4599
    開館時間 9:00~17:00
    休館日 4月~11月無休/12月~3月水木







    処理時間 0.287694秒